日本医書出版協会認定書店・教科書特約指定店・政府刊行物取り扱い・一般書籍・雑誌から医学書・教科書・専門書まで書籍のことならなんでも揃います。

上通 河童の想い

金龍堂まるぶん顧問 樋口 欣一

 熊本市上通五丁目に新しい店舗を作るとき、店構えについてずいぶん考えた。建ぺい率の関係でどこかに空き地を作らなければならない。それを店先に取ったのは大きな冒険だった。なにせ当時でも坪百万円もするところを解放するのだから。しかし私には読みがあった。

 人の流れをいかにして抑止するか。それにはまず店舗を注視させる必要がある。一書店でもプラザとかスクエアが作れるのではないかという確信だ。舞台装置については専門家とディスカッションを重ねた。熊本の水―噴水、城下町―長堀を模したショーウインド、森の都―緑の壁面という、郷土の持つイメージを生かした構想ができあがってきたが、噴水のモニュメントをどうするのか、でハタと行き詰った。芸大の先生の描かれたデッサンは抽象的で親しみがなく、「考える人」ではあまりにもそれらしい。

 もう開店まで二十日もなくなったとき、博多のデパートでフランスの古美術品即売展が開かれるというので妻と出かけた。噴水のモニュメントにはどれも帯に短く、たすきに長く、デパートを出て、ふと街中で見かけた美術品店に車をとめて中に入ると、異様な河童の像が私の目をとらえて離さなかった。まったく偶然の出会いである。そしてよく注意して見ると、外を通る人がほとんど例外なく河童像を眺め、子供は「あ、カッパだ!」と声を上げ、指さして親に話しかけていく。「これだ」と思い、妻の顔を見ると、笑ってうなずいた。

 店員に買いたいと申し出たら、「売り物ではありません」。売らぬとなるとますます欲しくなる。その店の本社まで車を飛ばして、作者にすぐ了解を取ってもらいたいとお願いした。一週間後、高岡市在住の作者、米治一氏から譲ってよいとの封書を受取ったときには、大いに安堵するとともに新しい宿題を背負い込むこととなった。一体、河童と書店との関係とは。芥川龍之介の「河童」がすぐ頭に浮かぶが。

 これはお客様の勝手なご解釈に任せることとした。河童におさい銭を上げたり、しばしたたずんで河童の顔を眺めたりと結構、楽しい市井の空間となった。昭和四十五年一月のことだ。

 この年のベストセラーは、塩月弥栄子「冠婚葬祭入門」、曽野綾子「誰のために愛するか」、石原慎太郎「スパルタ教育」。そして三島由紀夫事件が起きた年だ。

熊本日々新聞 2009/05/15掲載